naruko-top.jpg

鳴子

「鳴子」は、元来、田畑の稲穂を食べに来る雀を追い払うために、お百姓さんが野良で使ったものです。
 様々な鳴子真夏の祭典「よさこい祭り」は、この野良の鳴子を、年にお米が二度とれる「南国土佐のシンボル」としてとり入れた物です。この鳴子は、よさこい祭りの生みの親であり、なお且、この唄の作詞、作曲もされた、武政英策先生の発案により踊り用に改良されたものです。